あずき豆日記

mameazuki.exblog.jp
ブログトップ

病院噺その2

えー、病院での話をもうひとつ。

肛門腺です。
前のお医者であずきの肛門腺がちょっと奥に入っていて指を入れて絞る必要があると
言われました。
先生が診察室で実践して見せてくださって、噴射して大変なことになったのはうちでは
すでにあずき列伝として語り継がれているわけですが、それ依頼自宅で搾れたことが
ありません。
っていうか、素人に指入れは無理でしょ!?
そういうわけで普通の8時20分押ししかやりませんから搾れるわけがありません。

今回新しい病院でもついでにその経緯を話して搾ってもらいました。
やっぱり少しわかりにくい所にあるそうです。

先生、さすがプロ(?)
出る出る(笑) くっちゃー  - -;
何度もティッシュ替えてました。

先生の提案で、これから手術までしばらく病院に通うので、その度に溜まり具合を
チェックしてもらい、どの位のスパンで搾ってもらいに行けばいいのか調べることにしました。

自分ちのワンコの肛門腺が搾りにくいと感じているパパママは一度病院に
相談してみることをオススメします。
先生に伝えにくい場合はあずきの話をしてみてください。わかり易い例ですから。
溜まったままにしておくと良くありませんからね。

f0140454_22514514.jpg

キモチすっきりしてきた感のあるあずきさん。
あ、目元赤い。切れてるし。
犯人は小梅か?
小梅だね。
f0140454_22553211.jpg

梅:ぬーん。
[PR]
by koumeandazuki | 2007-09-03 22:58